英会話を習得して多くのシーンで活躍していこう

英会話を習得する為に

英会話を習得するときには、CDなどを利用してリスニングの力をつけることが大切です。また、衛星放送などでも英語の番組を観ることができるので、そういった番組を見ながらリスニングやスピーキングの力をつけると良いでしょう。

→詳細を読む

日本で英語力をつける

日本では英会話ができなくても快適な生活を送ることができるうえ、授業でも実用英会話を学べないことから英会話力が低いと言われています。英語力を高める為にも積極的に会話を中心に英語を学ぶことが大切です。

→詳細を読む

高まりつつある

グローバル社会が進むにつれて、日本でも英語の重要性が高まってきています。特に就職の際にはTOEICスコアを採用条件とする企業もあるので、英語教材でもTOEIC対策のものが増えてきています。

→詳細を読む

スクールのこれから

英会話スクールは、昔に比べるとその授業内容や携帯、スクールの数もかなり変わりつつあります。今後も英語教育が活発化していく傾向にあるので、英会話スクールは時代に応じて様々なタイプがでてくると言われています。

→詳細を読む

英会話を学ぶ

英会話を勉強するときには、スクールに通う方法や独学で学ぶ方法がありますが、どの場合でも自分に合った勉強方法をしているかどうかが肝心です。最近の英会話スクールでの学習方法はネットを利用したものが増えてきています。

→詳細を読む

工夫して学習する

英語学習の工夫について 

 英会話ができるようになりたいと思って、英会話スクールに通う人が増えています。英語学習の工夫としては、リスニングが非常に大切です。聞き取り学習を通じてスピーキング力が身につくのです。つまり、インプットができればアウトプットができるということです。そのため、英語の多彩な音変化について知識を深めて、英語がどのような音がするのかを理解することが大切です。それというのも、英語には強弱のリズムがあるので、その強弱の中で、さまざまな音変化が生じます。子音や母音の中には、音が弱化したり、あいまい母音化するものがあります。この弱化やあいまい母音が非常に聞き取りを難しくしています。特に、あいまい母音化は音が消失することがあります。

現在の英会話学習のトレンドについて 

 英会話学習のトレンドとしては、前述したとおり、リスニングが重要であるため、多様な音変化を学ぶことが主流になっています。それでは、こうした音変化にはどのようなものがあるのでしょうか。たとえば、t音は非常に多彩な音変化をします。前後関係ではTではなく、「り」に近い音になったりします。What time did you get in last nightという英文があります。この場合、get inのところは「ゲットイン」とは発音しません。むしろ、t音が弾音化されてd音あるいは「り」に近くなので、「ゲリン」という感じに聞こえます。このような音変化についてCDで何度も繰り返し聞き取り練習することで慣れていきましょう。そうすると、リスニング力が身につき、ひいては英会話力も身につくようになります。

  • 通うならココ!新宿の英会話スクールBEST

    利用者の声を数多く紹介しています。英会話スクールの利用を新宿で検討しているならサイトに目を通しておこう。