英会話を習得して多くのシーンで活躍していこう

正しい英語をマスターするため知っておくこと

日本で英語力をつける

世界的に見て日本の英語力は低い

先日テレビのニュースで現在の日本の高校で学んでいる英語が世界的には中学生ぐらいのレベルの物という事が紹介されており、英語力を上げるために授業内容の改善を今後図って行くなど話しが出ていました。中学、高校と学ぶ英語は大体で言えば英文法とヒアリング、英会話もありますが、会話に関してはかなり少ない授業数かもしれません。私も高校の時に学んだ英語というのは、実用出来る英会話ではなく、文法や単語力、いわゆる読解力を高める授業が中心で肝心の話す、聞くという授業内容はあまり重視されていなかった様に思います。とにかく、日本人は恥ずかしがり屋、また自己主張もあまり無いという風に言われていますが、こういった背景を見ると正にその通りだと感じます。

どうやって英語力を高めるのか

日本ほど海外の文化等を積極的に取り入れている国は珍しいかもしれません。それを自国独自のスタイルに変えて流行させるのも日本の得意分野とするところではないでしょうか。ではそういた海外からの文化を取り入れるに当たって、語学についてはというと他のアジアの国々の人と比較するかなり低いと言うしかありません。個人的な考えですが、英語力を高めるのにもっとも効率が良いのはやはり英会話を学ぶ事です。文法や単語も大事ですが、英会話を先に学ぶ事で文法や単語が自然に覚え易くなる事になると思います。なぜなら相手と意思疎通を図るため必死になって言葉を話しますので、おのずと自分が話している言葉はどういった意味のものになるか意識が集中するからです。もちろん英会話を学ぶためには常に英語の環境に身を置けば早いですが、是非中学や高校、出来れば小学校からでも英会話の授業を重視して欲しいものです。